主郭跡
所在地 長野県諏訪市中洲
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
天正12年(1584) 諏訪頼忠が築く
天正18年(1590) 諏訪頼忠が武蔵奈良梨へ転封となり廃城となる
文禄元年(1592) 日根野高吉が高島城築城に金子城の石垣を転用
 
参考 金子城跡案内板
 
 
金子城跡 案内板 石垣と堀跡のような・・
 
 築城前から千野氏の居館があったらしい。旧領奪回に成功した諏訪氏の居城となったのも束の間、諏訪氏は徳川家康の関東移封に従い諏訪を去る。その短い春を謳歌した居城で、石垣も高島城の築城に転用されて跡形もなくなったという。とはいっても江戸時代になるとすぐに諏訪氏は高島城を与えられたわけで、故郷に返り咲いたのみならず労なく新築の城を手に入れたのだから諏訪大社のご加護は凄いと思わざるを得ない。
 近くまで来たから寄ってみようと軽い気持ちで訪れた。意外にも道標があり案内板まである。宅地前にある窪地が気になった。壁面、石積んであるし明らかに落ち窪んでいる。これって堀跡だよね?
2005/09/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
かりんちゃんバス「有賀」行きで「下金子公民館前」下車
城跡までは徒歩5分程度