大和城跡
所在地 長野県諏訪市上諏訪
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 大和氏が築く
 
参考 大和城跡案内板
 
 諏訪大祝家金刺氏の一族であった大和氏の居城で遺構も良い感じで残っているそうだから、二泊三日の諏訪遠征の二日目の朝に訪れた。ホテルの朝食が和風バイキングでとても美味しかった。ついついご飯を3杯おかわりしてしまうぐらい美味しかった。長野県らしく野沢菜の漬物や諏訪の名産ワカサギの天ぷらなど普段あまりお目にかからない食べ物ばかりで嬉しかった。
 満腹のお腹をさすりながら目的地へと着いた。おぉ、案内板があるではないか。城跡までの簡単な地図もある。比高差からしてもこれは楽勝だと思いながら沢沿いの道を登る。鉄塔保守の道が縦横に廻っているので紛らわしい。おまけに小雨が降り続いている。それなのに蒸し暑い。何度も道に迷ううちにだんだん弱気になってきた。実はここに登る2週間前、埼玉県飯能市の山城でツキノワグマと鉢合わせしている。その恐怖がまだ残っていた。残像が見えるぐらいのスランプだった頃だ。悪いことは重なるもので斜面を登っているときにスズメバチと目が合い、その瞬間に下山していた。ここはそのうちまた訪れる予定でいる。
2014/06/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項