手塚城
 
 
霞ヶ城跡
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町
遺構 消滅
現状 ホテル山王閣
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 手塚光盛が築く
 
参考 霞ヶ城跡案内板
 
 
金刺盛澄の像 堀切跡の切通し 恵比寿神社
諏訪大社下社春宮 万治の石仏 諏訪湖
 
 木曾義仲に従い北陸地方を転戦した手塚太郎光盛の居城と案内板に記されていた。手塚光盛の居館跡は上田市にもあったが、いったいどっちが本物だろう。これが源義経とか真田幸村みたいなビッグネームだったら双方で激しい本家争いがあるのだろうが、手塚太郎は無名なので幸いにもそういった論争は起きずに時が流れた。その時、歴史は動かなかったわけだ。ここでも城主の光盛ではなく兄貴で弓の名手だった金刺盛澄の像が建っている。
 城跡はホテル山王閣と恵比寿神社にかけての台地だけど明確な遺構はない。逆に言うと遺構じゃないかなと思える地形もあったりする。道路は堀跡を切通したものでしょう。他は特に何もないけど諏訪大社とか諏訪湖の湖岸を散策するのは楽しかった。
2011/03/10
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「下諏訪」下車
城跡までは徒歩15分程度