主郭跡
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 金刺氏が築く
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
諏訪大社下社の秋宮の宝物殿の脇から道がある
鎌倉街道ロマンの道の案内板に従って進めば良い
一念坂の道標に従い山道を登ると城址への道標がある
段郭を見ながら登ると主郭跡へ出る
ちょうど整備事業の真っ最中で入れなかったため
主郭背後の堀切を見ることができなかった
 
桜ヶ城跡 腰郭 腰郭
一念坂 主郭跡 城跡からの眺望
 
 諏訪大社下社の大祝家だった金刺氏が霞ヶ城の詰め城として築いたのが桜ヶ城だが、築城年代は明らかでない。それと詰め城と呼ぶにはあまりにも貧弱な城だと思うが、神官同士の争いだからこの程度で十分だったのだろう。金刺氏は諏訪氏と争っているうちに衰退し、諏訪氏惣領家と大祝家の内紛を好機と見て挙兵したが、逆に諏訪勢の反撃を受けて金刺興春は討死した。神官の家柄なのに神の援けはなかったらしい。
 戦国時代の金刺氏は武田信虎を頼り甲斐へ逃亡した。金刺昌春は甲信国境近くの笹尾砦を守ったが、諏訪勢の攻撃で笹尾砦は攻め落とされ金刺昌春も討死したらしい。とことんまで諏訪氏に苦汁を飲まされた家系だと思う。信心深さが足りなかったのではないか。
 桜ヶ城は小さな山城だった。雪を踏みしめながら登るとすぐに段郭へと着いた。諏訪湖の眺めはなかなかのものだったが、比高差が少ないために格別というわけでもなかった。ちょうど整備途中だったようで主郭跡の背後に回ることができず堀切も拝んでいないが、もう一度来ようとも思わない。
2011/03/10
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「下諏訪」下車
城跡までは徒歩30分程度