主郭跡
所在地 長野県茅野市玉川
遺構 郭・土塁・堀切
現状 宅地
目標物 石碑
史跡指定  
 
平安時代末期 粟沢七郎が築く
天文17年(1548) 武田氏の諏訪侵攻後は武田氏の家臣田中淡路守が城将となる
天正10年(1582) 織田軍の攻撃で粟沢城は落城し城主諏訪頼豊も討死する
 
参考 粟沢観音案内板・粟沢城址碑文
 
 
粟沢城跡 土塁 堀切跡
 
 粟沢観音のある台地に粟沢城跡はある。丘の上は宅地や農地となり遺構はほとんど残っていないが、石碑が土塁の上に建っているのと堀切の痕跡がわずかに見られる。遺構はあまりぱっとしない城だが、眺望が開けており領主の居館には相応しい印象を持った。
 この日は一泊二日の諏訪遠征の二日目だった。下諏訪のホテルで朝食を済ませて茅野市へ向かった。鬼場城や齢松山城は雪のために満足に歩くこともできず、仕方なく粟沢城を訪ねてみた。帰路に粟沢城の遠景を撮影したのが2011年3月11日10:59である。
 旅の疲れもそこそこに茅野駅で帰りの汽車を待つ。普段は立川駅停車の特急に乗るのだが、ちょうど立川に停車する特急がなかった。仕方ないので八王子までの特急券を購入してスーパーあずさに乗り込んだ。帰りは疲れから半分ぐらい眠っていたと思う。帰宅したのは14:30だった。デジタルカメラの画像をPCへ保管していた14:46に家が大きく揺れた。東日本大震災である。
 もう1ヶ所でも欲張って城館探訪をしていたら、立川に停車する特急を待っていたら、いずれにしても家に帰り着けなかっただろう。何よりもこの時が来るまでみんな元気で楽しく生きていた。城跡廻りの旅行はどれも楽しい思い出ばかりだが、このときの諏訪遠征は今も楽しく振り返ることができないでいる。きっとそれはずっと続くと思う。
2011/03/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「茅野」下車
諏訪バス「理科大」行きで「粟沢橋」下車
城跡までは徒歩10分程度