主郭跡
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町社
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 信濃の山城と館/戎光祥出版
 
 
諏訪湖博物館のほぼ真裏にあたる丘上にある
甲州街道の藤の木交差点から北へ入り
中央本線の踏切を渡って見晴らし台公園を目指す
道の突き当りに鉄塔保全用の階段があるので登る
階段を登り詰めれば高木城へと至る
鉄塔により破壊されているが逆に言えば目印になる
主要な郭を2つ並べただけの小さな城だが
ほぼ当時の様子を伝えていると言えよう
 
高木城跡 二の郭跡 主郭跡
腰郭 殿村遺跡  
 
 真冬に一度近くまで行ったがどこから登って良いのかわからなかった。二度目はきちんと予習をしたので無難に着いた。鉄塔保守用の道を歩くだけで登りもそれほどではない。草に覆われてよくわからなかったが、途中に水場があるようだ。大きな鹿が二頭で仲良く水を飲んでいたが、自分の気配に気づいて逃げていった。こっちは高木城を訪れた二週間ほど前に飯能の山中で熊と出くわしている。そのトラウマが深く刻まれていたときだったので驚いたと同時にビクビクしながら山を登った。
 遺構はまずまず残っているが山城というか、砦といった規模だった。歴史はよくわからないのだが高木氏の城だということだ。麓にある殿村遺跡は古代集落跡だが、殿村と呼ばれることから高木氏の居館もこのあたりにあったらしい。
2014/06/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「下諏訪」下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩15分程度
特記事項