標柱
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
室町時代 金刺氏が築く
永正15年(1518) 諏訪氏の侵攻を受け金刺昌春は武田氏を頼り甲斐へ逃げる
 
参考 州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
山吹大城跡 雪で断念  
 
 山吹大城はかなり奥深い場所に築かれた山城であり、諏訪氏に追い詰められた金刺氏の焦燥が感じられる城だった。一泊二日の諏訪遠征の最大目標が山吹城だった。大城と小城の図面を見ながらワクワクしていたのだが、現実は厳しく当日は天気晴朗なれども雪深しだった。早くから宿も予約していたから仕方がない。山吹小城も雪に覆われて何がなんだかわからない有り様だった。それでも大城を目指して林道を登り詰めたが場所によっては膝まで埋まるぐらいの積雪だ。とても山へ登るなんて無理でさっさと諦めて宿へ帰った。そのうちまた訪れるとしよう。
2011/03/10
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「下諏訪」下車
城跡までは徒歩80分程度
特記事項