宮坂氏発祥地の碑
所在地 長野県諏訪郡下諏訪町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑
史跡指定  
 
年代不詳 宮坂氏が居館を構える
 
参考 Webサイト/真澄蔵元ホームページ
 
 諏訪へ旅行したときに朝からの城館探訪を終え、のんびりと諏訪大社から諏訪湖まで散歩をしていたときに偶然にこの石碑を見つけた。宮坂氏がいつの時代から諏訪に館を構えたかはわからないが、確かに宮坂さんのお宅が多かった。
 いろいろ調べてみようと思い、旅を終えて帰宅した日に東日本大震災が発生したのでしばらくは趣味に没頭する気分になれずにいた。この石碑のことも忘れていたのだが、1ヶ月ほど経過してから旅行で訪れた城館についての歴史を調べてみようと思った。宮坂氏は諏訪氏の一族であり、武田氏に滅ぼされた宗家とは別系統の武田氏に仕えていた諏訪氏の家臣となっていた。天正10年(1582)に武田氏が滅ぼされたとき、諏訪頼豊は織田軍に捕えられて処刑された。主君を失った宮坂氏は武士を捨て下諏訪で造り酒屋を営み現在に至っている。
2011/03/10
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「下諏訪」下車
館跡までは徒歩15分程度