主郭跡の土塁
所在地 長野県茅野市ちの
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
文正元年(1466) この頃に諏訪信満が居城を築く
天文11年(1542) 武田晴信の諏訪侵攻で諏訪頼重は滅び板垣信方が諏訪郡代として赴任する
天文17年(1548) 上田原の戦いで板垣信方が討死。代わって長坂光堅が上原城へ入る
天文18年(1549) 茶臼山城が築城され諏訪郡代の拠点が移される
天正10年(1582) 武田氏の滅亡により廃城となる
 
参考 戦国武田の城/有峰書店新社・図説武田信玄/立風書房・戦国の戦い/学研
 
 
頼岳寺まで行けば道標がある
道路も駐車場もあるので車で城跡まで行くことが可能
中腹に諏訪氏居館跡の石碑がある
居館跡は平場と石積みがあるが立ち入りが制限されている
上原城は見学自由で散策路も整備されている
石積みはないが巨大な堀切と竪堀が見どころだ
主郭跡には土塁も残っている
二の郭跡には巨大な物見岩がある
岩の上に登らなくとも眺望は開けている
永明寺山公園として訪れる人も多いので
熊に出会う心配はないと思うが鈴ぐらいは用意しよう
 
上原城跡 居館跡の板垣平 板垣平の石積み
東端の堀切 主郭跡背後の堀切 南斜面の連続竪堀
段郭 三の郭跡 二の郭跡の物見岩
主郭跡 腰郭 上原城からの眺望
 
 山腹に上原城址の看板が目立つのでわかりやすかった。初めて訪れたのは9月半ばだった。残暑が残る時期だったが、主郭跡に佇むと心地よい秋の風が吹き抜けていった。二度目は真夏を思わせるような炎天下の中だったが、やはり吹き抜ける風が心地よかった。帰りは舗装された道路を自転車で駆け下りたのだが、これが最高に気持ちが良かった。
 城跡はとても良い状態で残っている。石積みもなければ重厚な土塁があるわけでもないが、連続竪堀や堀切など随所に見どころがある城だった。名門諏訪氏の栄枯盛衰を見守った城だけに感慨深いものがある。
 15世紀半ばには諏訪惣領家の居城として古文書にもその名が見える。諏訪頼重は武田晴信と姻戚関係を結び金刺氏や高遠氏らと抗争をしていた。諏訪の掌握を狙う武田晴信は高遠頼継と密約を結び、天文11年(1542)に突如として諏訪侵攻を開始した。頼重は上原城に火を放ち桑原城へと逃れたが、一族郎党合わせても20数名しか残っていなかったという。そこへ武田方から和睦の申入れがあり頼重は受諾したが、古府中へ護送された後に東光寺で自害を命じられた。頼重の娘は晴信の側室となり諏訪四郎勝頼を産んでいる。諏訪氏の血を引く勝頼の代に武田氏は滅んだのは因果応報というべきか。
2005/09/17・2014/06/03
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「茅野」下車
諏訪バス「岡谷」行きで「頼岳寺下」下車
登山道入口までは徒歩15分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項