樋沢城・安国寺城
 
 
主郭跡
所在地 長野県茅野市宮川
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 茅野市指定史跡
 
年代不詳 諏訪氏大祝家が干沢城に拠る
文明15年(1483) 諏訪氏大祝家と諏訪惣領家が干沢城で争う
天文11年(1542) 高遠頼継が干沢城に入り武田晴信と戦い敗れる
 
参考 信州の山城/信毎書籍出版センター
 
 
国道152号線沿いに駐車スペースと案内板がある
南側から城跡近くへ行ける道があるが
このときは知らなかったので適当に直登した
麓から10分ぐらいで登ることに成功している
城跡はとてもよく残っていた
図面がなかったのでよく覚えていないが
石碑の建つ主郭を中心に見て回った
南西尾根続きに砦があるがそちらへは行っていない
 
麓の標柱と案内板 直登した斜面 堀切
腰郭 二の郭跡 主郭跡
 
 高遠から杖突峠を越えて諏訪へ出る要衝に築かれたために度々合戦が行なわれた城である。郭の配列を見ても帝国海軍の重巡洋艦のような印象を受ける城だ。山道が見当たらないので麓の案内板のある場所から適当に斜面を這い上がった。さすがにスズメバチはもういなかった、結構、朝の冷え込みもきつかったし。それでも蜘蛛の巣は残っていたし、何よりも朽ち木を踏んづけたときにキノコから白い煙が出て、それが靴に付着してなかなか取れなくて困ったことをよく覚えている。このとき自分はまだ30代だったから元気だったな。
 城跡はかなり良い感じで残っている。堀切もあるし低いけど土塁もあった。郭の配置が縦一列みたいな感じなので歩きやすかったし、下草も少なくて遺構の観察もよくできた。投石用の小石も土塁上にそのまま残っているのも興味深かった。ここはもう一度来てみたい城のひとつ。
2005/11/19
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「茅野」下車
JRバス「高遠」行きで「小町屋入口」下車
城跡までは徒歩10分程度
特記事項