桜城
 
 
標柱
所在地 長野県岡谷市湊
遺構
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
鎌倉時代 諏訪敦忠の子助忠が小坂氏を名乗り小坂城を築く
天文11年(1542) 諏訪氏の滅亡により武田氏の支配する城となる
天正10年(1582) 武田氏の滅亡により小坂城も廃城となる
 
参考 小坂城跡案内板
 
 
小坂城跡 腰郭 腰郭
小坂観音院 諏訪御料人の墓 城跡からの眺望
 
 二泊三日で諏訪湖周辺の城跡を訪ね歩いた。その前にも一泊二日で下諏訪の城を攻めている。諏訪あたりはそれほど凄い城跡はないんだけど、諏訪湖そのものが好きだし、温泉もあるからついつい計画してしまう。さすがに初夏の諏訪は暑かったけど、自転車ですいすいと城廻りをするのは本当に楽しい時間だったし、また行きたいと思う。
 一日目は上諏訪から茅野にかけての城を攻めた。ホテルでゆっくり休んで朝は美味しい和食バイキングで滋養強壮。弾けるようにホテルから飛び出した二日目は小雨の中、下諏訪から攻め始めた。昼ぐらいには晴天となり、下諏訪とは正反対の岡谷市湊の小坂城へ向かった。ちょうど諏訪湖をぐるりと半周したことになるが全然疲れなかった。
 小坂城は中央自動車道の建設でほとんど破壊されているのは知っていた。それでも行きたかったのは小坂観音院があるから。子どもの頃に見た風林火山で佐久間良子が演じた由布姫が晩年を過ごした場所だ。武田信玄に滅ぼされた諏訪頼重の娘にして武田勝頼のお母さんである。本名すら伝わらない薄幸の女性だから余計に想像が掻き立てられる。きっと美人だったのだろうなとも思う。小坂城の遺構は予想通りたいしたことはなかった。さっさと小坂観音院へと訪れたが、ここがまた実に気持ちの良い場所だった。それまでの暑さがウソのように涼やかな風が吹き抜ける。見下ろす諏訪湖がとても美しく見えた。展望台には東屋があったのでそこで涼をとったのだが、寝ころんだらそのまましばらく眠ってしまった。その昼寝のおかげで午後は権現沢城しか行けなかった。一人旅なんてのはいつもそうだから気にしない。風の吹くまま、気の向くままの楽しい旅だった。
2014/06/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR中央本線「上諏訪」下車
スワンバス外回り線で「山吉前」下車
城跡までは徒歩25分程度