主郭跡の土塁
所在地 長野県安曇野市豊科光
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 安曇野市指定史跡
 
戦国時代 光氏が築く
天文22年(1553) 武田氏の松本平侵攻により自落
天正10年(1582) 武田氏滅亡後、旧領に返り咲いた小笠原貞慶が光城を修築する
 
参考 光城跡案内板
 
 
篠ノ井線田沢駅の北にある標高912mの山城
神明宮から登山道を登ると田沢城経由で光城へ行けるが
この日は車で山頂まで登ったので田沢城は見ていない
遺構はよく残っていて楽しめた
案内板には図面もあったので参考になる
整備された遊歩道を歩いてゆくと堀切が現れる
堀切と竪堀を楽しみながら歩くとすぐに主郭へ着く
主郭跡は小さな神社があり低い土塁が残る
堀切を越えた一段低い平場が二の郭跡で低土塁で囲む
竪堀や帯郭を駆使して防備を固めているのが特徴的だ
 
光城跡 堀切 堀切
主郭跡の土塁 主郭跡南側の堀切 主郭跡を守る腰郭
二の郭跡の土塁 竪堀 光城跡からの眺望
 
 職場の同僚だった山ちゃんと二人で松本市以北の山城廻りをした。彼とは年齢は離れているが歴史好きで阪神ファンという共通項があり、とても気が合う男だ。最近は会っていないけど元気にしているかな。
 この日は光城跡が最大目標だった。まだ暑かったのと熊とは出会いたくないことを考慮して計画を練った。それと秋の信州で避けて通れないのは松茸である。入山禁止となる山が多いので自然と公園化された車で登れる山城を選択した。
 光城は鎌倉時代から続いた光氏の城跡で戦国時代に外敵に備えて築かれたという。無論、それは武田氏に対する備えだったはず。武田軍相手にどれだけの抵抗ができるかは疑問符がつくような城だが、案の定、戦うことなく自落したらしい。それでも城跡としての遺構はよく残っていた。何よりも車で訪問できるのが最高だ。山城は好きだけどなるべく歩かずに登りたいと思うのは僕だけではあるまい。労せず山頂まで来ることができて遺構を存分に味わうことができて楽しかった。
2011/10/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線「田沢」下車
登山道入口までは徒歩20分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項