殿山城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 長野県安曇野市豊科田沢
遺構 郭・土塁・竪堀・石積み
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定 安曇野市指定史跡
 
戦国時代 光氏が築き花村若狭守が守る
天文22年(1553) 武田氏の松本平侵攻により落城
 
参考 上ノ山城跡案内板
 
 
上ノ山城跡 標柱 二の郭跡
 
三の郭跡 郭跡の切岸  
 
 JR篠ノ井線の田沢駅の東に聳える山城だが、豊科カントリークラブがあるおかげで車で山頂まで行ける。城跡は道路地図に示されている上ノ山の山頂ではなく、300mほど北の尾根上にある。車道が大きく蛇行する付近に入口があり標柱が設置されている。
 城跡そのものは小ぢんまりした郭を段々に3つ並べただけで、大規模な堀切や高い土塁はない。若干の石積みが郭の壁面にあるらしいが自分は見落としている。目を見張るような遺構は残らない山城だが、街道監視という当時の情勢や戦略を考えさせられる城だった。
2011/10/12
 
公共交通機関 地図リンク
JR篠ノ井線「田沢」下車
登山道入口までは徒歩60分
城跡までは徒歩45分程度
特記事項