松島城跡標柱と案内板
所在地 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪
遺構 消滅
現状 箕輪町役場
目標物 標柱・案内板
史跡指定  
 
年代不詳 松島氏が築く
天文11年(1542) 武田氏の伊那侵攻により松島氏も降伏する
弘治2年(1556) 松島信久、伊那の領主らと蜂起するが武田軍に鎮圧され処刑される
 
参考 松島城跡案内板
 
 小笠原氏の流れを汲む松島氏の居城。戦国時代の松島氏は福与城主藤沢氏の配下だった。伊那侵攻を開始した武田晴信に降るが、晴信が川中島で上杉謙信と対峙している間隙を衝いて、伊那一円の領主8人が蜂起したがすぐに鎮圧され、松島信久も首謀者の一人として伊那郡狐島で処刑された。8人の首級は夜陰に紛れ里人が持ち帰り丁重に葬られたという。
 松島城は箕輪町役場となっており遺構は壊滅した。周辺の城と同じく天竜川の河岸段丘を利用して築かれた城だった。この日は茅野市の上原城を皮切りに諏訪周辺の城を巡った。高遠城へ行こうとしたが、右折禁止の道を曲がったところで白バイに捕まり時間をロスした。地元の人じゃないとわからないような場所に右折禁止の標識があり、白バイもそれを誘導するではなく物陰に潜んでいたから確信犯だ。事故を未然に防止するのがあんたらの本来の仕事だろうと反論したが頭が悪いから理解できないようで、仕方なく反則金を払って杖突峠を越えた。高遠城へ着いたときにはとっぷりと日が暮れてしまい、なんだかムシャクシャしたので松島城跡の標柱だけ撮影しに立ち寄った。ここへ着いたのはちょうど20時だった。
2005/09/17
 
公共交通機関 地図リンク
JR飯田線「伊那松島」下車
城跡までは徒歩15分程度