箕輪城
 
 
主郭跡
所在地 長野県上伊那郡箕輪町福与
遺構 郭・土塁・堀切
現状 農地
目標物 標柱・案内板
史跡指定 長野県指定史跡
 
南北朝時代 藤沢行親が福与城を築く
天文14年(1545) 武田氏の攻撃により落城
天文18年(1549) 武田氏に降った藤沢頼親が福与城を再興する
天正10年(1582) 武田氏が滅ぶと藤沢頼親は福与へ戻るが徳川氏の攻撃を受け自刃
 
参考 戦国武田の城/有峰書店新社・福与城跡案内板
 
 
福与城跡 主郭跡 主郭跡
切岸 標柱 空堀
南側の郭跡 南側の郭跡
 
 高遠城をメインに据えた伊那地方の旅。福与城に着いた頃は夕暮れ時となっていた。信州の晩秋だからかなり寒かった。福与城は長野県の史跡に選ばれているぐらいだから凄い城だろうと思って寄ったが、期待したほどではなかったように思う。ずいぶん前のことだから記憶が確かじゃないが、農地として利用されているために土塁などはほとんどなかったと記憶している。あとは土橋に土管が埋め込まれていたのを覚えている。
 図面を見ながら思い出してみた。福与城は大きく分けて北城・本城・南城の3つの郭からなる城だ。本城部分が主郭で2段に分かれている。案内板は確かここにあったはず。城域の南側はほとんど畑になっていた。武田氏に頑強な抵抗を見せた城とはとても思えないが、寂しげな雰囲気は自分の心の琴線に触れるものがあった。
2005/11/19
 
公共交通機関 地図リンク
JR飯田線「木ノ下」下車
みのちゃんバス「箕輪営業所」行きで「南小学校」下車
城跡までは徒歩15分程度