主郭跡の土塁と空堀
所在地 長野県伊那市東春近
遺構 郭・土塁・空堀
現状 殿島城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 殿島氏が築く
天文14年(1545) 殿島重国、伊那侵攻を開始した武田氏に降る
弘治2年(1556) 殿島重国、武田氏に叛旗を翻すが鎮圧され斬首される
元亀2年(1571) 伊那郡代となった秋山虎繁が殿島城を改修する
 
参考 中世城郭事典/新人物往来社
 
 
駐車場があるので車での訪問も容易だった
幾重にも廻る空堀が見どころで土塁も立派だった
櫓門風の建造物が建つ場所が本来の虎口かは不明
副郭を伴う城郭であるが宅地化により大部分が破壊された
 
主郭跡の虎口 主郭跡の土塁と空堀 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 主郭跡の虎口 主郭跡の空堀
 
 沢渡駅の東方の台地端を利用して築かれた城。城跡公園として整備されているため見学しやすかった。高遠城に訪れたときに伊那のいくつかの城跡へ訪れたが、殿島城は同行した友人に無理を言って立ち寄ってもらった。主郭を囲む三重の堀が強烈に目に焼きついた。やはり訪れて良かった。土塁も重厚さたっぷりの見事なものだった。伊那の城は少ししか訪れていないので、再訪したいなぁと思うけどちょっと遠い。
2005/11/19
 
公共交通機関 地図リンク
JR飯田線「沢渡」下車
城跡までは徒歩30分程度