兜山城
 
 
本丸跡の空堀
所在地 長野県伊那市高遠町東高遠
遺構 城門・郭・土塁・空堀・石垣
現状 高遠城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
年代不詳 高遠氏が築く
天文16年(1547) 武田晴信が大改修を行う
永禄5年(1562) 諏訪勝頼が城主となる
元亀元年(1570) 武田信廉が城主となる
天正9年(1581) 武田勝頼の弟仁科盛信が城主となる
天正10年(1582) 織田信忠の軍勢に攻められ仁科盛信は自刃
本能寺の変後、保科正俊が高遠城に入城
天正18年(1590) 豊臣秀吉の家臣毛利秀頼の持ち城となり、秀頼死後は京極高知の持ち城となる
慶長5年(1600) 保科正光が2万5千石で高遠藩主となる
寛永13年(1636) 鳥居忠春が3万2千石で入封
元禄4年(1691) 内藤清枚が3万3千石で入封
明治4年(1871) 廃藩置県を迎える
 
参考 城郭と城下町/小学館・中部の城/小学館
 
 
城址公園として整備され桜の名所としても知られる
近世まで存続した城だが中世城郭の雰囲気が濃い
空堀がとても立派だったことを覚えている
半面で土塁はそれほどの規模ではなかった
観光地なので駐車場も用意されているが
桜の時期は相当混み合うらしい
 
大手桝形の石垣 太鼓櫓 四脚門
勘助郭跡 南郭跡の空堀 二の丸跡の土塁
法憧院郭跡の空堀 本丸跡の虎口 本丸跡の空堀
 
 高遠城は観光地としても有名だが、鉄道がないために訪れるのが不便な場所にある。桜の時期は人でごった返すらしいが、自分が訪れたのは秋だったので訪れる人も少なくひっそりとしていた。おかげで桜よりもずっと美しいと思う紅葉に染まる城跡を見られた。
 自分の中では再訪したい城跡の筆頭なのだが、何せ高遠は不便だ。電車だと遠回りだし、茅野からのバスも少ない。新宿のバスタから高遠行きの高速バスに乗るのがいちばん手っ取り早いが、日帰りはとてもじゃないがきつい。高遠温泉にでも浸りつつ二泊三日ぐらいで伊那地方の城跡をのんびり廻りたいものだが、秋だと松茸シーズンに重なり入山できない山城もあるから困ったものだ。
 高遠城そのものの話もしたい。大手や三の丸は観光開発で破壊されているが、本丸や南郭周辺はとてもよく残っている。近世に入ってもそんなに大規模な改修は受けていないらしいので、武田氏が改修した頃の面影が残っていると思う。もう少し近ければいいんだけど。
2005/09/17・2005/11/19
 
公共交通機関 地図リンク
JR飯田線「伊那市」下車
JRバス「高遠高校」行きで「高砂橋」下車
城跡までは徒歩15分程度