福島城
 
別 名 臥牛城
所在地 栃木県那須烏山市城山
築城者 那須資重
築城年 応永25年(1418)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
吹貫門 石垣
遠景 堀切 車橋 堀切
常盤曲輪 本丸 石垣 本丸 石垣
古本丸 堀切 古本丸 土塁 中城 堀切
大野曲輪 土橋 三の丸 石垣 眺望
 
 烏山城跡は昔から行きたい城のひとつだったが少し遠く感じていた。宇都宮から先は距離以上に遠く感じる。交通の利便性が悪いということが大きな要因だろう。東北本線はまだいいが、支線となると1時間に1本程度の本数しかないし、路線バスはさらに少ない。
 烏山線は単線で気動車だから速度もゆっくりとしている。本数も時間によっては2時間に1本しかない。そのうち廃線になってしまうのではないかという心配があるが、路線があるうちに烏山城へ訪れておこうと思った。
 この日はあまり寒さを感じなかった。風もなく穏やかな陽射しのおかげで山に登ると少し汗ばむぐらいだった。距離はあるが南尾根から登ることにしたが、途中の眺望が良くて正解だった。
 大きな堀切と鼓楼跡へ着くと城域へ入ったことを感じる。遊歩道沿いに歩くと車橋跡がある。以前は木製の橋が架けられていたが、老朽化で撤去されたようだった。石垣は城門があった場所を中心に一部が残るだけで、少し肩透かしを食らった感じがした。どちらかと言うと石垣よりも豪快な空堀に目を奪われた。復路は往路とは違う道をたどり三の丸へと下りた。近世の烏山城は山頂の本丸ではなく三の丸が中心だった。民家にも土塁が残り、それだけで独立した砦のように見えた。烏山の街は落ち着きがあり、いかにも城下町という感じがした。
 
JR烏山線「烏山」下車 徒歩25分
 
2018/01/11 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社