別 名
所在地 栃木県宇都宮市徳次郎町
築城者 新田昌言
築城年 戦国時代
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に宇都宮氏に仕えていた新田徳次郎昌言が築いた城である。日光山の僧兵が宇都宮氏領内へ侵攻するのを食い止めるために築かれた城のひとつであるが、城主の名乗りがそのまま城名となっているのがとても面白く感じた。
徳次郎城 二の丸跡の空堀 二の丸跡の空堀
二の丸跡 本丸跡の空堀 本丸跡の空堀
本丸跡の虎口 本丸跡 本丸跡の土塁
 その風変わりな名前は以前から気になっていた徳次郎城だが宇都宮市街からかなり遠いために訪れることを躊躇していた。交通手段を調べているうちに宇都宮発のバスが意外と本数の多いことがわかり凍えるような寒さの正月に訪れた。宇都宮駅からずいぶん長いことバスに揺られたが運賃は驚くほどに安かった。
 徳次郎城はひっそりとした杉木立の中に無限回廊のような遺構を残している。杉の若木が林立する中に残る姿は荘厳さすら感じる。宇都宮氏一門や家臣の城館は見事な城跡が多いが徳次郎城も特筆すべき遺構を残す城だと思う。理路整然とした空堀は訪れる者を敬虔な気持ちにさせてくれると思う。城主の新田氏は清和源氏の流れを汲む一族で新田義貞と同族という。徳次郎城は地方領主の城としては立派すぎるほどの規模を誇るが新田氏はその血筋から手厚い扱いを受けていたように思う。躊躇することなく訪れて良かったと思える城だった。
JR東北新幹線・東北本線「宇都宮」下車 関東バス「山王団地」行で「中徳次郎」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/01/03