別 名 両崖山城・小屋城・栗崎城
所在地 栃木県足利市本城
築城者 足利成行
築城年 天喜2年(1054)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 足利市指定史跡
評 価
 足利氏と聞けば室町幕府を開いた源氏の足利氏を誰もが連想すると思うが、実はそれより前から勢力を持っていた藤原氏の流れを汲む足利氏がいた。室町幕府を開いた足利氏と区別するため藤姓足利氏と呼ばれ居城は標高251mの両崖山に築かれていた。もちろん普段の生活は平地で営まれていたが藤姓足利氏の居館跡は今もわかっていない。
 両崖山に城が築かれたのは天喜2年(1054)というから相当な古い歴史を持つ山城である。平安の昔に足利成行が本当にこの峻険な山の頂きに城を構築したのかは疑問もあるが、その起源については伝承に従うしかない。平安時代末期の当主は足利忠綱で大声を上げれば十里向こうまで響き渡り、膂力は百人力で歯は3センチという化け物じみた武将である。忠綱は平氏に従い行動したため滅び去り源氏の足利氏が隆盛を迎えた。足利城が今に残る姿を成したのは室町時代に入部した長尾景長の時代である。長尾氏が仕えた山内上杉氏は北条氏に追われ長尾政長もその軍門に降った。上杉謙信が関東へ侵攻すると同族の長尾氏は呼応するが長尾顕長の時代には完全に北条氏の傘下となり天正18年(1590)には北条氏の命令で小田原城に籠城したため豊臣秀吉によって所領を没収された。
足利城 登山道 堀切
堀切 二の郭跡の標柱 主郭跡
石積み 堀切 足利城からの眺望
 この日は随分と歩いたが澄んだ空気が気持ちを充実させてくれた。20キロは歩いていたので峻険な山道の続く足利城へ登るのにはややためらいがあり、一般的な織姫神社からの登山道ではなく廃道となっている東斜面から登った。途中までは鉄塔保守のために使用されているようで道は明確だったが、鉄塔を過ぎると何とか踏み跡をたどれる程度の道となった。
 特に危険個所もなく茂みを抜けると正規の登山道へ行き当たった。そこからは岩場を少し登るだけで足利城へ着いたのでこの選択は大正解ということになったが、できれば正規の道を行くほうがいいと思う。足利城の遺構は期待したほどではなく主郭の北にある堀切に見応えを感じる程度だった。しかしその眺望は素晴らしく足利市街が手に取るように見える。遺構は今ひとつでも冒険心は十分に満たされた登山だった。
JR両毛線「足利」下車 足利市バス「行道山」行で「通5丁目」下車 徒歩1時間30分
日本城郭大系/新人物往来社・栃木の城/下野新聞社・城跡ハイキング/新ハイキング社
2007/11/24