別 名 栃本城・牛ヶ城
所在地 栃木県佐野市富士町
築城者 佐野成俊
築城年 治承4年(1180)
廃城年 慶長7年(1602)
現 状 唐澤神社
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 伝承では平安時代に藤原秀郷が築いたことになっているが、その時代に築かれたというのは無理があるし鎌倉時代に築かれたというのも信じがたい。いざというときに逃げ込むための場所であったことは考えられるが、こうした山城が隆盛を極めるのは南北朝時代からのことと思う。藤姓足利氏から分かれた佐野氏の居城として長きに亘り君臨しその堅城ぶりは上杉謙信の猛攻にも耐えたことで実証されたが、北条氏の圧迫に抗しきれず佐野氏は軍門に降る。豊臣秀吉が台頭すると佐野房綱が反北条の家臣を糾合して唐沢山城の奪還に成功した。
 豊臣恩顧の大名である富田信高の弟信吉を養子に迎えた佐野氏は関ヶ原の戦いでも東軍に加担して領土を守ったが、自慢の居城である唐沢山城の難攻不落ぶりが仇となる。徳川幕府への遠慮から平城の佐野城を築くことになり慶長7年(1602)に唐沢山城は廃城となり佐野氏も改易されている。
唐沢山城 土櫓跡の石垣 天狗岩
大手枡形虎口 大炊井戸 四つ目堀切
二の丸跡の石垣 本丸跡の石垣 南曲輪跡の石垣
北城跡の石垣 北城跡の堀切と土橋 唐沢山城からの眺望
 唐沢山城は関東屈指を代表する山城である。西国の石垣を多用した城にも負けない東の横綱と言えよう。初めて訪れたのは中学時代の友人と一緒のときで、雨上がりに土櫓で友人が珈琲を淹れてくれた。その香りもさることながら肌寒い日だったのでとても美味かった。二度目は単独で佐野市内の城館を廻りながらだった。前回に見落とした遺構を中心に時間をかけて歩いている。本丸の石垣も見事だが南曲輪の石垣にも迫力を感じた。これは散策路から外れないと見られない遺構である。北城は整備された範囲から外れている土に埋もれた石垣が印象的だった。ここまで来るとほとんど誰にも会わない。尾根を歩くのは自分だけでゆっくり気兼ねなく遺構を楽しめる時間となった。
 唐沢山城は歴史も古く遺構も非常に良い状態で残る名城でありながら文化財指定されず日本百名城の選定からも漏れていたのが不思議だったが、ようやく国の史跡指定を受け続日本100名城にも選出されたのは喜ばしいことだった。良いか悪いかは別として山頂まで車で訪れることができるし駐車場も広々としている。散策路も明確で歩きやすいが北尾根まで足を延ばすと唐沢山城の真の姿が見えてくる。
東武佐野線「田沼」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・城郭探検倶楽部/新人物往来社
2007/09/23・2012/10/24・2017/11/25