福島城
 
別 名 松小屋城
所在地 栃木県矢板市上太田
築城者 岡本正重
築城年 室町時代
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 堀切 石仏
 
 東北自動車道の矢板PAの北に伸びる尾根上にある。高速道路沿いを延々と歩いてみたが、途中から自分がどこにいるのかまったくわからなかった。結局は城の中心部まではたどり着けず、南端の遺構だけ見ただけだと思う。
 塩谷氏の重臣岡本正重が築いた城で、岡本正親は豊臣秀吉に謁見したときに塩谷義綱に叛意ありと告げた。これにより鎌倉以来の名門塩谷氏は改易されている。岡本氏は独立したが諸侯に列することはなかったようで、秀吉死後は徳川家康に接近し旗本となっている。
 
JR東北本線「矢板」下車 徒歩40分
 
2007/12/15 日本城郭大系/新人物往来社
栃木の城/下野新聞社