別 名 鶴ヶ岡城・西堀山城
所在地 栃木県栃木市西方町元
築城者 西方景泰
築城年 永仁元年(1293)
廃城年 天正15年(1578)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 西方城は宇都宮氏の最前線を守った城であり目と鼻の先は宇都宮氏と激しく争った皆川氏の領地である。本当に隣町のような距離感であり当時の武将たちの緊張感が感じられるほどだった。お互いの姿が見えるほどの距離に城が築かれているのだから造りが堅牢になるのもわかる。相当に神経を磨り減らしたと思うし、事実その緊張に堪えられなくなった西方氏は北条氏に内通する。宇都宮氏は討伐軍を送り込み西方城は落城してしまうが、これだけの名城でも兵力の差には勝てなかった。
西方城 北の堡塁跡 北の丸跡
三の丸跡の虎口 三の丸跡の土塁 二の丸跡の堀切
二の丸跡 本丸跡の虎口 本丸跡
馬出曲輪跡 水の手曲輪跡の石積み 東の丸跡
 西方城のある城山は東西をゴルフ場に挟まれている。城跡が山頂にあるおかげで破壊を免れ西側を除けばほとんど無傷で残っている。多くの城跡を訪ね歩いたが訪問から月日が流れても強い印象を残してくれる城は少ない。西方城は今も強烈な印象を僕の脳裏に残している。もう一度訪れてみたいという気持ちを与えて続けてくれる城になった。
 この日の城館探訪はかなり充実していた。西方城へ訪れるまでに4つの城を訪れており、そのうちの2つは山城の布袋岡城と真名子城だった。西方城を訪ねたあとも尾根続きの二条城へ訪れている。東武日光線の家中駅から城歩きをしつつ東武金崎駅まで歩いた距離は約40キロとなった。僕の城館探訪の中でもいちばん長い距離の徒歩移動となったが、この日に訪れた6つの城はいずれも見事な遺構を残す城ばかりで気分の高揚もあるのか不思議と疲れを感じることがなかった。
 この素晴らしい城跡へ行くには長徳寺から登ればいい。それほどの登りを強いられることなく北の丸へと着く。二の丸と本丸の虎口の土塁は実に見事だった。派生する尾根に配置された郭も手を抜くことのない造りである。西方城ぐらいの大きさだと見て回るのにちょうど良い。鉢形城や滝山城のような巨大な城郭は規模が大きく迫力があるが見ているうちに疲れてくる。西方城も山城としては規模が大きいが、これぐらいの規模だと隅々までじっくり集中して見ることができる。時刻は午後3時を過ぎて日が傾いていたが立ち去るのが惜しかった。このあとは二条城に向かうため後ろ髪を引かれる思いで下山したが、あの迫力ある遺構をもう一度見てみたい。
東武日光線「東武金崎」下車 徒歩1時間
中世城郭事典/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野出版社
2015/12/01