別 名
所在地 栃木県下野市下古山
築城者 児山朝定
築城年 建武年間(1334〜36)
廃城年 永禄元年(1558)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 栃木県指定史跡
評 価
 児山城は南北朝時代の建武年間(1334〜36)に宇都宮氏の一族多功宗朝の二男児山肥後守朝定が築いた。永禄元年(1558)に越後の上杉謙信は三国峠を越えて上野へ侵攻し余勢を駆って下野へも軍を進めた。小山高朝は降伏し壬生綱雄も一蹴されるほどの強さだったが、鎌倉時代から精強を謳われた宇都宮氏とその配下の武将たちは団結し多功城で応戦し見事に防戦している。この戦いでは宇都宮軍の犠牲も大きく児山兼朝も討死している。この戦いのあとに児山城は廃城となったというが、兼朝の一族は依然として児山城で健在だったらしい。確実な廃城時期は宇都宮氏が改易された天正18年(1590)と思われる。
児山城 外曲輪の土塁と空堀 外曲輪の土塁
主郭跡の土塁と空堀 主郭跡の土塁と空堀 主郭跡の土塁と空堀
主郭跡の空堀と土橋 主郭跡 主郭跡の土塁
 はじめて児山城を訪れたのは真夏だった。石橋駅から20分ぐらいの道のりだが、風もなく蒸し暑さがひどい。当時の児山城はほとんどが雑木林だった。主郭を歩いていたときに樹液の匂いがした。たっぷり樹液が出ている木の幹を探るとカブトムシがいた。野生のカブトムシを見たのはとても久しぶりだったので嬉しかったことを覚えている。しかし藪蚊がひどくてすぐに退散している。
 それから11年が過ぎて秋の児山城を訪ねた。以前と比較すると雑木林が伐採されてすっきりとしている。藪蚊もおらずじっくりと遺構を見て歩くことができたが、平地でこれだけの遺構を残しているのは貴重だと思う。図面を頼りに断片的に残る副郭の遺構も探ってみたがほとんどが民家の敷地内にあるため少し遠慮しがちに眺めていた。東国らしい土の城の威容を存分に味わえる見事な城だと思う。
JR東北本線「石橋」下車 関東バス「宇都宮」行で「通古山」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2005/08/20・2016/10/22