別 名 龍城・龍体城・前室城
所在地 栃木県大田原市城山
築城者 大田原資清
築城年 天文14年(1545)
廃城年 明治6年(1873)
現 状 龍城公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 大田原市指定史跡
評 価
 大田原氏は武蔵七党の丹党から出ている。下野北部で勢力を誇った那須氏に仕え頭角を現し康清の子胤清のときに大田原氏を名乗った。戦国時代の那須氏は内紛を起こし分裂するが大田原資清は下那須氏に味方して本家の那須氏を滅ぼしている。この働きから大田原氏は那須七騎に数えられるようになった。手狭となった水口城に代わり大田原城を築き豊臣秀吉に謁見して那須氏から独立して秀吉死後は徳川家康に接近し近世を通じて大名として存続している。
大田原城 北曲輪跡の土塁 北曲輪跡の土塁
坂下門跡の土塁と水堀 三の丸跡 稲荷曲輪跡
二の丸跡の土塁 本丸跡の堀切 本丸跡の切岸
本丸跡の土塁 本丸跡の土塁 本丸跡の横堀
 南関東はすっかり春めいていたが北関東はまだ寒々としていた。桜は咲いていたが薄曇りで吹く風は冷たくとてもうららかな感じは味わえない一日だった。西那須野駅からは歩いて大田原城まで行くつもりだったがちょうど良いタイミングでバスが来たので利用した。大田原城までは何とかなるが黒羽城はとてもではないが公共交通機関だけでは無理だということを痛感させられた。
 戊辰戦争で焼失するまで存続した大田原城は龍城公園となっている。中世から近世の終わりまでずっと大田原氏の居城であり続けたというのは奇跡であろう。関東の玄関口にあたる要衝でもあり譜代大名が置かれてもおかしくないが国替えも減封もなく続いたのは歴代藩主たちの才覚によるものだろう。平城部分は宅地化で失われたが龍城公園は遺構の改変も少なく良い状態だった。同じ栃木県内の城でも宇都宮城は完全に破壊され佐久山城や壬生城なども悲惨な有り様だが、大田原城は中心部に限ればほとんど原型を留めている。本丸の巨大な土塁は関東の城を思わせる。城跡から蛇尾川の河原へと下りた。広々として気持ちが良くベンチで横になりしばらく目を閉じていた。河原から見上げる大田原城は見事な眺めだった。ちょうど桜の時期で美しかったが人影はまばらだった。
JR東北本線「西那須野」下車 東野交通バス「馬頭車庫」行で「金燈籠」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社・栃木の城/下野新聞社
2018/04/02