別 名
所在地 栃木県大田原市荒井
築城者 大田原康清
築城年 明応3年(1494)
廃城年 天文14年(1545)
現 状 農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 大田原市指定史跡
評 価
 この館は武蔵からやってきて那須氏に仕えた大田原氏が大田原城を築くまでの居館だったとされている。大田原資清は同じ那須七騎に数えられた大関氏、福原氏との争いに敗れ越前に逃れたが朝倉孝景の加勢によって大関増次を自刃させて水口館に戻っている。越前の戦国大名朝倉氏が関東の豪族同士の争いに介入したことがとても興味深い。
土塁 土塁 土塁
虎口の土塁 堀跡 案内板
 大田原城が30分以上歩くと畑ばかりの農村風景が広がっていた。平坦な畑の中に不自然に盛り上がる土塁があるので水口館の場所は遠目にもよくわかった。標柱と案内板が設置されており北側の土塁はよく残る。南側は破壊されているが一段低く弧を描く畑が堀跡だろう。那須地方には戦国時代まで使われた城館でも古式な形式を残したものが多いが水口館もそのひとつとなるのだろう。
JR東北本線「西那須野」下車 東野交通バス「那須赤十字病院」行で終点下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社・水口館跡案内板
2018/04/02