福島城
 
別 名
所在地 栃木県日光市板橋
築城者 遊城坊綱清
築城年 永正年間(1504〜20)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 旧今市市指定史跡
備 考
評 価
主郭 堀切
遠景 土塁 駒乗り馬場
二の郭 二の郭 虎口 主郭
帯郭 石積 眺望
 
 一気に春が訪れたかのような暖かい日に板橋城へ登ることにした。日光線の下野大沢駅から城山への入口までは徒歩20分程度で、麓にはハイキングコースの案内板があるのでわかりやすかった。鉄塔保守を兼ねた道を登り、鉄塔を過ぎると少し本格的な山道となる。麓から山頂までは30分もかからないが、駒乗り馬場跡に立ち寄ったため40分程かかった。
 地元の里山として親しまれ、登り始めたときにも二人の孫を連れた女性が登っていたが、そのあとも多くのハイカーとすれ違い、下山したときには先生に引率された幼稚園児たちが登るところだった。山頂は木が伐採され眺望に優れているし、適度な高低差があり危険な場所も少ないのが魅力となっているのだろうと思う。このような里山は大切にしてほしい。
 板橋城は日光山勢力の僧で宇都宮氏の血筋とされる遊城坊綱清が築いたという。敵対していた壬生綱房は北条氏に救援を要請し、武蔵豊島郡の領主板橋親棟が派遣された。板橋親棟は東京都板橋区にあったとされる板橋城主である。日光の手前で懐かしい名前に出会えたが、親棟の墓を訪ねるのは忘れてしまっている。
 里山といってもいくつかのピークを越えるので少々疲れた。二の郭へ上がる木製階段が長く感じたが、登り切ると眺望が開けて、日光連山がとてもよく見えた。主郭手前の堀切と土橋が見事だったが、見どころと言えるのはこれぐらいに思う。二の郭虎口と主郭西側斜面に巨岩を用いた石積が見られるが、土塁はあまり多用されていない。主郭にある東屋でのんびりしながら宇都宮駅で買った鶏弁当を食べた。
 
JR日光線「下野大沢」下車 徒歩50分
 
2018/03/28 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社
板橋城跡案内板