別 名 塩谷城・蝸牛城
所在地 栃木県矢板市川崎反町
築城者 塩谷朝業
築城年 建仁年間(1201〜03)
廃城年 文禄4年(1595)
現 状 川崎城跡公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 矢板市指定史跡
評 価
 清和源氏を称した塩谷氏本家は断絶し藤姓塩谷氏の時代に川崎城を築いている。同じ塩谷氏でも遠祖が異なるが足利氏とは逆で源氏が滅んで藤原氏の末裔が家を興した。室町時代になると藤姓塩谷氏も途絶えてしまい宇都宮氏により塩谷氏は再興されている。その塩谷氏も家中の内紛と家臣の独立で勢いが衰え豊臣政権下で改易されてしまった。
川崎城 段曲輪 段曲輪
二の丸跡 二の丸跡の切岸 堀切
本丸跡の空堀 本丸跡の虎口 本丸跡の土塁
 鎌倉時代から戦国時代まで続いた塩谷氏の居城となった川崎城はその縄張りに特徴がある。螺旋状に郭を配置した巧みな縄張りである。栃木県内には栄螺のように郭を配置した城がいくつかある。その代表格が皆川城だが駅から遠いので矢板駅から遠くない川崎城に訪れてその縄張りの妙を感じてみた。
 城跡は適度に整備されて歩きやすい。かといって遺構が大きく破壊されているという感じもしない。主郭の虎口は多少の手を加えられているが、それ以外は中世城郭の面影をよく伝えていると思う。実際はそれほど螺旋状ということはないのだろうが、城跡を歩いているとやはり螺旋階段を登らされているような気持ちになった。三方を川に囲まれ南側は断崖となって落ちる要害地形であることがよくわかる。巨大な横堀がとても見事だったことをよく覚えている。
JR東北本線「矢板」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・栃木の城/下野新聞社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2007/12/15