福島城
 
別 名
所在地 栃木県日光市小倉
築城者 桜本坊昌安
築城年 天文年間(1532〜55)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 堀切と虎口
遠景 主郭 横堀 主郭
主郭 堀切 二の郭 三の郭
三の郭 堀切 三の郭 竪堀 三の郭 堀切
 
 杉並木の残る日光例幣使街道を南下した。杉並木は見事だし一里塚も見ることができたが、歩行者が歩く道がない。歩行者専用の道に出るまで相当な距離を歩かねばならなかった。せっかくの杉並木も車ではゆっくり見ることもできないだろうし、何よりも杉が枯れてしまう。
 眼前に見えた小倉城は円錐型をした美しい山である。けっこうな高さがあり、登ると思うと気が滅入ったが、日光市へ来る機会はそうそうないので気を取り直し、行川沿いに歩いて登山道を探した。あまり目立たない案内板を見つけて登頂を開始したが、道は九十九折れで比較的歩きやすく尾根へすぐに着いたので気分的には楽だった。少し急斜面になってくるが相変わらず道は傾斜を避けるようにつけられている。それほど眺望が開けないので退屈になるが、やっと竪堀に出会えた。主郭へはすぐに着き、見事な横堀を見た瞬間に疲れも消えた。
 小倉城は日光山の僧兵による築城という。板橋城も同じような歴史を持つ城であり、当時の日光山の勢力がわかる。西の比叡山と大差ないほどの武装勢力となっていたのだろう。小倉城を巡っても宇都宮氏や日光山惣政所職にあった壬生氏との争いが起きている。仏に仕えるべき人たちは合戦ばかりしていたらしい。
 主郭はやや低い位置の郭となっている。立派な堀切を越えると二の郭だが、ここは小さな祠があるだけの狭小な地形だった。三の郭は少し広くて大きな竪堀が目立つ。その先に堀切があり斜面を下るとまた小さな堀切があって城域が終わる。
 板橋城と小倉城の2つの山城を登りさすがに疲労の色は隠せない。2、3年前と比べると体力が落ちたことを感じる。すべてを見終えたあとに疲れが出たので主郭にあるベンチに寝転んだ。見上げる空が青い。このまま眠ってしまいそうだが、日光線は1時間に1本しかないので少し後ろ髪を引かれる思いだったが文挟駅へと歩き出した。
 
JR日光線「文挟」下車 徒歩1時間
 
2018/03/28 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社
小倉城跡案内板
 
熊出没注意