別 名 龍ヶ谷城
所在地 栃木県鹿沼市加園
築城者 渡辺綱重
築城年 大永年間(1521〜28)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 加園城は大永年間(1521〜28)に渡辺右衛門尉綱重が築いたという。宇都宮忠綱に従い皆川氏と戦ったことが記録に残るが、名前の綱は主君忠綱の偏諱を受けたものだろう。大永3年(1523)に忠綱は皆川宗成との合戦で討死してしまったが、綱重はどさくさまぎれに鹿沼城を奪った小山氏と結城氏の軍勢に降り南摩城を落としたというから忠誠心はあまり高くなかったのかもしれない。
加園城 北尾根の堀切 主郭跡の横堀
主郭跡の土塁 二の郭跡 二の郭跡の横堀
二の郭跡の堀切 西尾根の土橋 西尾根の石積み
 年末に栃木県の山城をいくつか登った。友人らと一緒だったおかげで一人だと躊躇するような山城でも数人で登れば心強いし勢いで踏破できてしまう。自分も友人たちも少しずつ年齢を重ね最近はそれほど危険な山城へは行かなくなった。
 この日訪れた城の中でもいちばん印象に残ったのは加園城だった。縄張図を見る限りでは特に何も感じるところはなかったが、実際にその高低差を体感すると城の持つ素晴らしさがわかる。嬉々として横堀に下り土塁に駆け上がりして師走の寒さも忘れていた。
 南側が採石で破壊されているのは残念だが、主要部はよく残っているし東側斜面の遺構も破壊されていない。主郭を取り囲む横堀と同じく二の郭に付随する空堀の美しさにはとても感動した。特に主郭の土塁は高さがあり威圧される。明確な登山道がないため訪れる人が少ない山城ではあるが、そのおかげで遺構が破壊されることもなく往時の姿を存分に伝えてくれている。
JR日光線「鹿沼」下車 鹿沼リーバス上久我線「石裂山」行で「加園宿」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/12/25