別 名
所在地 栃木県河内郡上三川町上三川
築城者 横田頼業
築城年 建長元年(1249)
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 上三川城址公園
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 歴史は古く鎌倉時代に宇都宮氏一族の横田越中守頼業が上三川城を築いている。康暦2年(1380)に宇都宮氏と小山氏が裳原で戦ったときに横田綱業が深手を負い、代わって弟の今泉元朝が上三川城主となった。豊臣家の大名となった宇都宮氏の家中は親豊臣派と反対派に分かれて反目し、反豊臣派の急先鋒である芳賀高武は浅野長政の三男長重を宇都宮氏の跡継ぎに迎えようとした今泉高光を急襲した。この戦いで上三川城を落城し高光も自刃したが、この一連の騒ぎで宇都宮氏は改易されている。
主郭跡の虎口 主郭跡の虎口 主郭跡の土塁と水堀
主郭跡 主郭跡の井戸 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁と水堀 主郭跡の土塁と水堀
 上三川町は鉄道路線から離れているために訪れたことがなかった。バスを使えば良いのだろうが、地方のバスはどれだけの本数があるかわからないこともあり計画すら立てたことがなかった。栃木県の城は相当な数を訪れているのに上三川町だけが空白地帯となっていた。どうしても気になってはいたので児山城と多功城の再訪を企図したときに訪れてみた。
 宇都宮線の石橋駅から歩いて訪れたが思ったより距離は近く感じた。何より上三川の街並みの美しさに驚いた。整然として清潔感と気品が漂う。近世まで存続した城ではないのに近世城郭の城下町のような雰囲気だった。鉄道路線から外れているというのが街並みの保存には適していたと思う。美しい街並みを抜けると上三川城址公園へ着く。近世風の石垣が造られるなど、過剰に公園化されてしまった城という先入観があったが、実際に訪れてみれば土塁と水堀が絵になる城だった。
JR宇都宮線「石橋」下車 関東自動車バス「真岡」行で「上三川車庫前」下車 徒歩5分
中世城郭事典/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/01/03