別 名 高館山城
所在地 栃木県芳賀郡益子町益子
築城者 益子氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 益子町指定史跡
評 価
 西明寺城は鎌倉時代の築城とされるが当初は天険を利用したのみの山城があり、時代とともに城域が拡大されて今に見られるような巨大城郭となったのだろう。南北朝時代には南朝勢力の拠点のひとつであったが、常陸における南朝の拠点が次々と落城したのと前後して西明寺城も落城した。益子氏の本城として戦国時代まで存続してきたが、天正17年(1589)の益子氏滅亡により廃城となっている。
西明寺城 主郭跡の虎口 主郭跡
主郭跡の櫓台 主郭跡の虎口 堀切
堀切と土橋 堀切 二の郭跡の土塁
 友人と市貝町から益子町にかけての城館探訪をした。あちこちに雪が残る西明寺城は肌寒かったことを覚えている。2月の北関東の山城なので最初から寒いのは承知の上だが、山頂付近を歩いているときに日陰に入るととても寒く感じた。それでも歩いているうちに体が温まり、そのうちにじんわりと汗ばんできて上着を脱ぐと冷たい風が心地よいぐらいだった。
 西明寺城は地味な山城に思えたが益子氏の詰め城だけに規模が大きい。すべてを見て回っておらず全容がわからないこともあるが多少見どころに欠ける印象を持っている。城域が広すぎて自分が見通している遺構も多くあるので一概には言えないが、それでも堀切の規模は見事で二の郭に残る土塁も立派なものだった。
真岡鉄道「益子」下車 徒歩1時間30分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2012/02/04