別 名 小山城
所在地 栃木県小山市城山町
築城者 小山政光
築城年 久安4年(1148)
廃城年 元和5年(1619)
現 状 城山公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 小山氏は関東武士の中でも名門中の名門で鎌倉時代からその勇名を馳せた一族でもある。居城となった祇園城は久安4年(1148)に小山政光によって築かれた。名門の血がそうさせるのか小山氏の歴代当主は独立心が旺盛で、何度か時の権力に対して反抗し家の存続が危ぶまれるような窮地に陥ったが、小山義政の乱では嫡流の血脈を途絶えさせる結果となった。小山秀綱は北条氏に降り祇園城も北条氏によって改修された。江戸時代初期に本多正純が居城としたが宇都宮城への転封により廃城となった。
祇園城 本丸跡 本丸跡の土塁
本丸跡の土塁 二の丸跡の堀切 二の丸跡の空堀
二の丸跡の実なし銀杏 塚田曲輪跡の土塁 中久保曲輪跡の空堀
天翁院に残る空堀 小山御殿跡 小山評定跡の碑
 名門小山一族の居城として築かれた祇園城には何度も訪れている。小山駅から近いことと綺麗に手入れされているので、わけもなく立ち寄ることがあった。公園となっているが土塁と空堀はよく残っている。特に二の郭から北へ展開する遺構は見応えがある。
 祇園城は都市部にあってよく遺構を残している城である。空堀の堀底へ降りてみると中世の関東の城らしさを十分に感じられる。土塁もよく残されているし小山一族が眠る天翁院との間に残る空堀は実に見事だった。一方で通りを隔てると小山御殿跡があり、小山市役所には徳川家康が豊臣恩顧の大名を一味方につけて関ヶ原へと駆けさせた小山評定跡の碑が建つ。福島正則が真っ先に家康への加担を名乗り出て重苦しい軍議の空気が一変し豊臣大名たちが家康加担を決めたという歴史を動かした場所でもある。思川から眺める小山城はとても美しく河川敷沿いに歩いてゆくと長福城を経て鷲城へと至る。周辺一帯は中世小山氏の史跡が連なる歴史の散歩道となっているのがとても良い。
JR東北新幹線・宇都宮線・両毛線・水戸線「小山」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2005/08/20・2009/03/07