別 名 八板城・矢板館
所在地 栃木県矢板市本町
築城者 堀江惟頼
築城年 応保元年(1161)
廃城年 永禄元年(1558)
現 状 公民館・矢板小学校・宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 矢板城は平安時代末期に堀江氏によって築かれたという。碑文によれば戦国時代の矢板城主矢板周防守長則が上杉謙信の攻撃を受けた多功城へ救援に赴き討死したと刻まれていた。永禄元年(1558)の多功城の戦いのことであろう。
土塁 土塁と城址碑  
 矢板駅からそれほど遠くない場所にNTTがあり隣り合うようにして公民館がある。このあたりが矢板城跡で土塁に石碑が建つ。この土塁のことを特に気にも留めずにいたが、訪問から13年を過ぎて航空写真などで見てみるとかなり立派な土塁であることに気づかされた。当時の僕はまさに木を見て森を見ずだった。
JR東北本線「矢板」下車 徒歩10分
矢板城址碑文
2007/12/15