別 名 中村城
所在地 栃木県矢板市早川町
築城者 堀江頼純
築城年 平安時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 麻疹地蔵尊
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 栃木県指定史跡
評 価
 日本城郭大系では御前原城を鎌倉時代の築城と定義しているが、平安時代末期に塩谷氏の祖である堀江頼純が築いた方形居館の姿を残している。その後に拡張されて副郭を伴う広大な平城となった。塩谷氏は鎌倉時代に川崎城を築き拠点を移しているが御前原城も支城として存続していた。塩谷氏は内紛が相次ぎ室町時代半ばには断絶し宇都宮正綱の子孝綱が塩谷氏を再興している。天正18年(1590)に塩谷由綱は豊臣秀吉に反抗し奥州へ追われたため御前原城は廃城となったという。
城址碑 虎口 主郭跡
土塁 空堀 虎口と土橋
 御前原城が築かれた土地はシャープの工場が建ち並ぶ企業城下町となり創業者の名から早川町と名づけられた。昭和40年代にバイパス計画で破壊される運命にあったが、熱心な保存運動が実り主郭はそのまま残された。企業の理解もあり主郭のみとはいえ存続しているのは有意義なことだと思う。
 主郭は一辺が200m程の方形であり南側の虎口前には出枡形があった。土塁と空堀の保存状態は極めて良い。内部はゲートボール場として利用されていたが顕著な破壊は見られない。低い土塁と堀に囲まれた場所に麻疹地蔵があるが、これは天文15年(1546)に塩谷由綱が父孝綱のために建立したものである。
JR東北本線「矢板」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・栃木の城/下野新聞社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2007/12/15