別 名 亀城
所在地 栃木県鹿沼市今宮町
築城者 壬生綱房
築城年 天文元年(1532)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 御殿山公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 鹿沼城の前身となった坂田山城を築いた鹿沼氏は早々と滅び宇都宮氏の所領となっていたが、戦国時代に壬生氏が鹿沼城を築き北条氏と連携して宇都宮氏と敵対している。壬生氏も内紛があり順風満帆とはいかず結局は北条氏とともに滅んでしまう。その後は新たな城主が入部することもなく廃城となった。正保4年(1647)に朽木稙綱が2万5千石で鹿沼藩主となり根小屋を利用して陣屋を構えた。
鹿沼城 本丸跡の土塁 大夫殿曲輪跡の土塁
大夫殿曲輪跡の土塁 二の丸跡の切岸 空堀
 鹿沼城はあまり遺構が残っていないと聞かされていたが実際に訪れてみるとそうでもなかった。主郭は野球場となってしまったが土塁は今も立派に残っている。早朝から宇都宮市の多気城を訪れて鹿沼まで歩いてきたが、この日の最後の訪問は鹿沼城となった。JR日光線の鹿沼駅が最寄駅になるのかと思っていたが東武日光線の新鹿沼駅のほうが近い。市役所などが建ち並ぶ町の中心部に鹿沼城の別名にもなる亀のようなかたちをした御殿山公園がある。
 思っていたよりも遺構は残り主郭の土塁も立派だが大夫殿郭から下りた巨大な空堀が圧巻だった。これだけ見事な遺構があるとは思わないので嬉しかった。おかげで疲れも忘れて鹿沼城の原点となった坂田山城まで足を延ばして帰ることにした。
東武日光線「新鹿沼」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/01/31