別 名 御殿山城
所在地 栃木県宇都宮市田野町
築城者 多気兵庫頭
築城年 文明4年(1472)
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安時代に宇都宮宗円が築いたという伝承が残るが文明4年(1472)に多気兵庫頭が拠ったとも伝わる。天正4年(1576)に北条氏と日光山勢力の侵攻に脅威を感じた宇都宮氏が築いたというのが確かなところらしい。実際に宇都宮国綱は先祖伝来の居城である宇都宮城を重臣に守らせて多気城を居城としている。天正18年(1590)に北条氏が滅び豊臣秀吉に所領を安堵された時点で再び宇都宮城に居城を移しているが慶長2年(1597)に宇都宮氏は突如として改易され多気城も廃城となっている。
多気城 多気不動尊 登山道
城址碑 本丸跡 本丸跡の土塁
本丸跡の横堀 二の丸跡の虎口 二の丸跡
北尾根の曲輪跡 中腹の横堀 多気城からの眺望
 早朝、宇都宮駅で降り立ったときは耳がちぎれるほど寒かった。手袋とマフラーで体温を保持したが耳当の用意はしていなかった。バスの終点で降りたとき多気山周辺はかなり雪が残っていた。仕方なく雪を踏みしめながら多気不動尊に参詣し安全を願う。不動尊から多気城までは20分ほどである。予想外の積雪に簡易スパイクを装着して対処している。日用雑貨の店で購入した安物だが効果は大きく一度も転倒することはなかった。
 山頂には誰もいなかった。銀世界の上で見る青空と白銀のコントラストが美しい。獣の他に足跡はなく新雪の上に自分の足跡だけが増えていくような状態だった。雪は好きではないが目の当たりにするとやはり童心に帰る。山頂付近の遺構をだいたい見終えると下山途中にある南東尾根に続く郭群を見て歩いている。麓近くにある横堀をじっくりと見たかったが藪がひどく堀底にいるような実感が湧かない。もう少し整備をしても良いかと思うが、藪を刈り払うとゴミの不法投棄が多発しそうなのでこのままでいいのかもしれない。久しぶりに雪の山城を訪ねて気分爽快となった。景色も良い多気城でのんびりとして鋭気を養うことができたと思う。下山してからの足取りも軽くなりそのままの勢いで鹿沼まで踏破している。
JR東北新幹線・宇都宮線・日光線「宇都宮」下車 関東バス「立岩入口」行で終点下車 徒歩50分
中世城郭事典/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/01/31