別 名
所在地 栃木県宇都宮市逆面町
築城者 逆面氏
築城年 室町時代
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 旧河内町指定史跡
評 価
 宇都宮氏に仕えた逆面氏が築いた城で裳原合戦に従軍した宇都宮氏の軍勢の中に逆面阿波守がおり、天正13年(1585)に宇都宮国綱が皆川城攻めを行うにあたり家中が反対する中、逆面周防守が敵が大軍だからといって合戦を思いとどまるのは如何かと進言したということが伝わっている。勇猛さと忠誠心で宇都宮氏を支えた逆面氏の居城も宇都宮氏の改易によってその役割を終えた。
逆面城 麓の案内板 白山神社
四の郭跡の土塁 三の郭跡の土塁 二の郭跡の土塁
二の郭跡の堀切 腰曲輪 主郭跡の堀切と土橋
主郭跡の堀切 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
 長々と歩いて逆面城へ着いた。徳次郎城からここまでの道のりは遠かった。逆面城は案内板こそあるものの城跡への道標はない。山へ続く道があるので少し登ってみたがフクロウの里とカタクリ自生地の案内板があるだけだった。仕方なく白山神社の背後から尾根を伝う。
 かすかな踏み跡をたどり四の郭へと着く。そこから先は自分の背丈を上回るような笹藪で城跡の一部は椎茸栽培がされているために立ち入ることは憚られた。笹藪を掻き分け進むのはつらいし足元には有刺鉄線や荊があり大変だった。主郭まで来ると大きな堀切があり虎口と土橋が残っていた。主郭の土塁は高さがあって立派なものだった。二の郭まで来ると藪はなくなり快適な尾根歩きができる。その先にある居館跡は民家があるので引き返している。市町村合併前は河内町の指定文化財であり合併後の扱いがどうなっているのかわからないが宇都宮市の文化財指定は受けていないようだった。
JR東北新幹線・東北本線・日光線「宇都宮」下車 関東バス「今里」行で「柿の木」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/01/03