別 名
所在地 栃木県足利市小俣町
築城者 渋川氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小俣荘は源姓足利氏の末裔小俣氏が治めるところであったが、小俣城を築いたのはさらにその後裔にあたる渋川氏という。元亀3年(1572)に上杉謙信が小俣城に襲いかかったが城兵たちは必死に防戦し上杉勢を撃退している。謙信はどうも下野での戦いに分が悪く唐沢山城も落とすことができなかったし多功城の戦いでも撃退されている。渋川氏は北条氏に属したために没落し小俣城も廃城となった。
小俣城 二の郭跡の堀切 二の郭跡の石積み
主郭跡の堀切 主郭跡の切岸 主郭跡
主郭跡の石積み 北尾根の曲輪跡 小俣城からの眺望
 小俣城はゴルフ場の建設で破壊されたと思い込んでいた。本来の大手道はゴルフ場側にあったため失われているが、城跡はまったくの無傷であることを知り訪れてみたくなった。小俣駅で降りたときから小雨が降り始め、城山の麓に着いたときは本降りになっていた。
 東から直登し尾根へ取りつくのだが、登り始めが難関で巨木にしがみついて山道へ入る。真下には川が流れているので慎重になった。落ちても平気な高さだがずぶ濡れにはなりたくない。山道も登り始めはほとんど道の体裁を成していない。帰り道を見失わないように振り返りながら民家の屋根を目印にした。雨は途中から雪となり、次第に吹雪いてきたがあきらめるつもりはなかった。
 尾根へ出ると城山への道標が設置されていた。もうここは三の郭だろう。綺麗な平坦にはなっていないがそこそこ広さがあった。小さな堀切と郭を越えると主郭が目の前にある。やや深い堀切を越えて主郭を囲む二の郭へ着いた。主郭の壁面には巨石を用いた石積が顔を覗かせている。ここまで来ると気分が高揚し雪は気にならなくなっていた。石積に触れてみるとその冷たい感触が心地よい。1時間ぐらい小俣城に滞在していたが帰る頃には雪は止み雲が切れて青空が広がりつつあった。
JR両毛線「小俣」下車 足利中央観光バス「小俣北町」行で「町谷」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2016/03/12