福島城
 
別 名 吉水城・館野城
所在地 栃木県佐野市吉水駅前
築城者 本多正純
築城年 元和2年(1616)
廃城年 元和8年(1622)
現 状 新吉水第一公園
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑と土塁
 
 佐野市のホームページは城館関係の内容が豊富で助かっている。この陣屋も埋蔵文化財包蔵地の目録で知ったと思う。唐沢山城へ再訪するときに吉水駅から近いこともあり立ち寄った。何の変哲もない公園だが、吉水城跡と刻まれた石碑があったのは意外な発見だった。
 子どもが喜びそうな築山があるので撮影しておいたが、この築山は吉水陣屋の土塁だった可能性があるらしい。ここは清水城の二の丸に相当するので遺構が流用されたのだろう。
 この陣屋は宇都宮藩主本多正純の出張陣屋である。徳川家康の参謀本多正信の嫡男ということはあまりにも知られている。正純は宇都宮藩主として幕府の中枢を担うが、俗に言う宇都宮吊り天井事件で改易された。事件そのものは俗説で正純の出世を妬む土井利勝らによる陰謀で失脚させられたのが事実である。正純は父正信の遺訓を守り、過度な出世や加増を固辞していた清廉潔白の人だった。権謀術数が滲み出ている幕府の閣僚より清々しい人だったことを記しておきたい。
 
東武佐野線「吉水」下車 徒歩10分
 
2012/10/24 近世栃木の城と陣屋/随想舎