福島城
 
別 名
所在地 栃木県佐野市赤見町
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 赤見駒場城はゴルフ場に突き出した半島状の尾根に築かれている。撮影した日は日曜日でゴルフを楽しむ人たちがいたが、自分たちを見下ろす山が戦国時代の山城であることを知る人は皆無だろう。歴史については伝承もなく不明だが、足利長尾氏が佐野氏領に楔として打ち込んだ砦と考えて間違いないと思う。
 この城に訪れるのはかなり厄介で、最短ルートは両毛線の富田駅から歩いて赤見集落から足利市方面へ向かい、廃道を登り越床峠から北へ尾根を縦走するしかない。峠からは距離があり起伏もきつい。僕は越床峠から尾根伝いに歩いたが途中であきらめた。北風が強かったのが理由だが、帰りも同じ道を歩くのが億劫になってしまった。ただ、途中のピークから眺める風景はとても綺麗だった。
 
JR両毛線「富田」下車 徒歩2時間
 
2016/12/11 佐野の中世城館/佐野市郷土博物館
 
熊出没注意