福島城
 
別 名 町屋城
所在地 栃木県佐野市赤見町
築城者 足利俊綱
築城年 安元元年(1175)
廃城年 慶長19年(1614)
現 状 赤見城保育園
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 佐野市指定史跡
備 考
評 価
土塁と水堀
土塁と水堀 土塁と水堀 土塁
二重土塁 二重土塁 主郭
 
 足利市から峠越えをして佐野市へ抜けた。尾根を縦走しての山城探訪をあきらめて赤見の集落に残る城館を訪ねることにした。赤見町は両毛線の富田駅から遠く、路線バスの本数は極めて少ない。とても不便な場所にあるが、意図せずして峠を越えた出口近くにあった。
 ようやくたどり着いた赤見城は保育園の敷地となり、名称にも赤見城の名がついている。街角から土塁が見え隠れしているのだが、西側は宅地が取り囲んでいるため東へ迂回して土塁へ近づいた。この日は日曜日で園庭はがらんとしている。おかげで人目を気にせずに土塁へと登ることができた。主郭を囲む土塁とカラフルな遊具の対比が微笑ましいし、遺構の保存に配慮されているのもありがたい。北西側の二重土塁と水堀がとても美しい城跡だった。可愛らしい城兵たちを今も見守り続けているのだから、赤見城を築いた足利俊綱も喜んでいるだろう。
 
JR両毛線・東武佐野線「佐野」下車 
佐野市バス名水赤見線「さくらの里」行で「町屋入口」下車 徒歩5分
 
2016/12/11 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野新聞社