福島城
 
別 名 春日城・春日岡城・旭岡城・姥ヶ池城
所在地 栃木県佐野市若松町
築城者 佐野信吉
築城年 慶長7年(1602)
廃城年 慶長19年(1614)
現 状 城山公園
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 佐野市指定史跡
備 考
評 価
本丸 堀切
三の丸 二の丸 土塁 二の丸
本丸 堀切 本丸 石垣 犬走り
 
 佐野駅の北口で降りるとそこはもう佐野城なのでとても楽だった。市街地にあることで水堀が埋められてしまい、存続期間が短かったこともあり見どころは少なく本丸の堀切ぐらいしか目を見張る遺構はない。
 佐野氏は唐沢山城を居城としていたが、江戸幕府に対する配慮と恭順の意を示すために、難攻不落の唐沢山城を廃して佐野城を築いた。よく知られる話として江戸の火事を見てすぐに駆けつけた佐野信吉は徳川家康を喜ばせたが、唐沢山城から江戸城を見下ろしたということで不興を買い、佐野城を築いたという逸話が残っている。これも真偽の程はわからない。
 石垣も少なければ、大きな土塁もない極めて凡庸な印象を受ける城である。前述のように佐野氏の在城期間が短かったこともあり、城域の拡大にまで至らなかったこともあるだろう。江戸時代初期に廃城となったことを考慮すればよく残っていると捉えるべきかもしれない。
 
JR両毛線・東武佐野線「佐野」下車 徒歩1分
 
2007/09/23・2012/10/24 日本城郭大系/新人物往来社
栃木の城/下野新聞社