別 名
所在地 栃木県宇都宮市下横倉町
築城者 横倉氏
築城年
廃城年 慶長2年(1597)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 宇都宮氏の家臣横倉氏の居城である。これといった戦いがあったという伝承は伝わらない城で慶長2年(1597)に宇都宮氏が改易されると同時に廃城となっている。子孫は礒野姓に改姓し今も下横倉城の麓で暮らしていた。誰とも会わなかったので下横倉城の歴史について地元に残る伝承などは聞くことはできなかったのと案内板なども設置されていないため歴史についてはそれぐらいしかわからない。
下横倉城 登山道入口の保古神社 南尾根先端の曲輪
二の郭跡の横堀 二の郭跡の横堀 二の郭跡の土塁と横堀
主郭跡の堀切 主郭跡の虎口 主郭跡の土塁
 この日の最初に訪れたのが下横倉城だった。南麓にある保古神社が目印となり民家の脇に城跡へ続く道がある。それほど高い山ではないので登るのに時間はかからない。正月なのにあまり寒さは感じず少し柔らかな陽射しの中を登ると見事な遺構があった。特に手の込んだ遺構や感心するような郭の配置などはないが、この年の始動となった城なので気持ちを高ぶらせながら歩いた。
 宇都宮駅から徳次郎町まではバスを利用したが乗車時間はかなり長かった。バス停からも相当な距離を歩いたことを覚えているが場所の特定には時間を費やさなかった。新年緒戦にしてはまずまず見応えのあった城で横堀と主郭の土塁がよく残る。主郭と二の郭の他に南に伸びる尾根上にも削平地があったように思う。
JR東北新幹線・東北本線・日光線「宇都宮」下車 関東バス「山王団地」行で「下徳次郎」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・栃木の城/下野新聞社
2016/01/03