別 名
所在地 栃木県宇都宮市上欠町
築城者 小山義政
築城年 康暦元年(1379)
廃城年 元亀4年(1573)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 康暦元年(1379)に小山義政が築いたという。敵国である宇都宮氏の領内へ楔を打ち込むような場所に築かれているのでそのまま信じることはできないかもしれないが小山氏は突如として考えられないような行動を取る人物を輩出するので真実かもしれない。しかし祇園城の支城としてはあまりにも距離に隔たりがあるので疑問は拭い切れない。元亀4年(1573)に宇都宮氏が犬飼康吉が守る犬飼城を攻め落としたというので犬飼城は古くから犬飼氏の居城で歴代当主が小山氏の被官となっていたのだろう。
犬飼城 腰曲輪 横堀
二の郭跡 二の郭跡の土橋 主郭跡の空堀
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 主郭跡の土橋
 犬飼城は優れた遺構を残す城と聞いていたので一度この目で見てみたいと思い、鹿沼市の城跡廻りをしたときに歩いて立ち寄った。相当な距離を歩いているが不思議と疲れを感じることなく着いた。GPSで計測した距離は30キロ強である。犬飼城は聖山公園と遺跡の広場がある台地先端にある。台地上を歩けば着くが途中に畑があって歩きづらい。台地の南側は宅地が並び入りづらいのでやはり北側から畑を通って訪れるのが無難だと思う。城跡は尋常でない藪に覆われており10m進むのにも時間を要するが堀底に下りてしまうと多少は藪が疎らになる。
 遺構はほとんど完璧な状態で残っていた。画像では草木が写り込みよくわからないが深い空堀は中世城郭の魅力に溢れている。南側の堀底から這い上がりそのまま民家の裏側を通らせてもらったが、その民家の男性が歴史に詳しく犬飼城のことはもちろん周辺の城跡のことについてもよく知っていた。この1年後にも友人たちと犬飼城に訪れているがそのときは誰とも会わなかった。回廊のような空堀と巨大な櫓台の土塁に佇むとき再訪して良かったという思いが強かった。
JR東北新幹線・東北本線・日光線「宇都宮」下車 
関東自動車バス「運転免許センター」行で「聖山公園入口」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野新聞社
2015/12/14・2016/12/25