別 名 富士山城
所在地 栃木県栃木市平井町
築城者
築城年
廃城年
現 状 富士浅間神社
遺 構 郭・石積・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 永禄11年(1568)に太平山城の南麓で上杉謙信が北条氏康と和議を結んだと伝わり、太平山に登った謙信が眺望を楽しんだ場所は今も謙信平と呼ばれている。実際は皆川氏の支城が築かれていたようだがそれ以上のことはわからず遺構も明確ではない。
太平山城 太平山神社 謙信平案内板
居館跡 居館跡の石積み 居館跡の石積み
曲輪跡 主郭跡の富士浅間神社 太平山城からの眺望
 友人と栃木市の城館を訪ねたがこの日は朝から激しい雨だった。とても山城を散策するような天候ではなく岩舟町の図書館で雨宿りを兼ねて資料を読んだりして時間を過ごした。そうしているうちに天気が回復し太平山城へ登ったときにはもう雨は上がっていた。
 栃木市史の簡単な図面を頼りに歩いてみたが郭らしい平場はいくつかあり主郭も綺麗に平らとなっている。尾根をもう少し探れば隠れた遺構があるのかもしれないが、謙信平からの眺望の美しさを手土産に山を下ることにした。
JR両毛線・東武日光線「栃木」下車 関東バス「国学院前」行で終点下車 徒歩1時間
栃木市史
2012/05/04