別 名 布袋山城
所在地 栃木県栃木市都賀町深沢
築城者 皆川成勝
築城年 永正年間(1504〜21)
廃城年 天正13年(1585)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 布袋岡城は戦国時代に皆川成勝が築いた山城である。皆川氏の勢力圏の最前線にあり眼前は敵国である宇都宮氏の勢力圏が広がる。平安の昔に藤原秀郷が築いたという伝承も残されているが、それについてはわからない。戦国時代末期には宇都宮国綱の攻撃により布袋岡城は落城し皆川広照は命からがら山伝いに逃走したという。
布袋岡城 東尾根の曲輪跡 主郭跡
主郭跡の物見台 主郭跡の土塁 堀切
土橋 横堀 布袋岡城からの眺望
 今はのどかな風景が広がるこの土地も戦国時代は激しいつばぜり合いが行なわれていた。それが今回登った布袋岡城である。山への入口がわからず東側から直登した。登りはそれほどきつくはないが資料の持ち合わせが少ない山城のため、果たして場所が合っているのかという不安があった。尾根を登り切ると城跡らしい雰囲気がしてきたが山頂で本丸跡の案内表示を見つけて安心した。布袋岡城という名前の由来はわからないが思っていた以上に魅力の詰まった山城だった。帰路は同じ東側へ下ったが往路とは別の尾根を選択している。これが正解で広々とした段郭に堀切、横堀といった遺構が目白押しだった。全体的に遺構はよく残されているが、麓近くは民家敷地となるので敷地に立ち入らぬように注意したい。
東武日光線「東武金崎」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・とちぎの古城を歩く/下野出版社
2015/12/01