福島城
 
別 名
所在地 栃木県佐野市船津川町
築城者 福地寧久
築城年 永禄3年(1560)
廃城年 慶長19年(1614)
現 状 宅地
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 佐野市指定史跡
備 考
評 価
水堀
椿田十一面観音 水堀 土塁
 
 唐沢山城を訪ねたあとは佐野市街地の南にある城館を歩いた。西濃運輸と才川に挟まれた民家が椿田城である。ここへ来るまでも椿田城跡と書かれた大きな道標があるおかげで迷わなかったし、城跡にも案内板や石碑が建ち並んでいた。
 民家の庭先なので家人がいたら声をかけようと思ったが、誰もおらず犬だけが吠えていた。仕方なく犬に一声かけて散策をする。城というより居館という規模で、豪族居館の雰囲気はよく残っている。才川の土手は巨大で土塁を利用したのだろう。実際にこの土手は江戸時代から存在するそうなので椿田城の遺構を流用したのだと思う。この日の探訪はたしかここで終わっている。
 
東武佐野線「田島」下車 徒歩20分
 
2012/10/24 とちぎの古城を歩く/下野新聞社
椿田城跡案内板