別 名
所在地 栃木県真岡市田町
築城者 芳賀高親
築城年 文治5年(1189)
廃城年 貞治元年(1362)
現 状 農地
遺 構 水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 芳賀御前城は文治5年(1189)に芳賀高親が築いた。この時代はまだ館城であり貞治元年(1362)に芳賀高貞は芳賀御前城よりも守りの堅い丘城として芳賀城を築いている。
 真岡市の城館探訪で芳賀御前城を訪れた。城跡はほとんど失われ水堀の一部が残る程度だが、真岡東中学校の校庭沿いに石碑と案内板が建てられている。芳賀氏の居城としては少し寂しい気もしたが石碑と案内板があるだけでも充実感は感じられた。案内板を見ると方形というよりも台形に近いかたちをしている。西辺の水路が水堀跡で南側の堀跡もそのかたちは残っていた。芳賀城へ居城が移されたあとの芳賀御前城の用途はわからない。
真岡鉄道「真岡」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・御前城跡案内板
2012/02/04