福島城
 
別 名 赤壁城・高谷城
所在地 栃木県栃木市西方町真名子
築城者 宇都宮元綱
築城年 永正年間(1504〜21)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二重堀切
遠景 堀切 堀切
横堀 主郭 主郭
 
 東武日光線の家中駅を起点としていくつかの城を訪ねたあと、大柿のコンビニでひと休みしてから真名子城へと向かった。この日の主役である西方城が控えているために少し急ぎ足で歩いたが、真名子城もなかなか見応えのある山城だった。
 南麓から登るが、道標も案内板も設置されているのがありがたかった。見知らぬ土地の山城へ登るとき、登山道の入口がわからないと無駄の時間を費やしてしまう。その点、真名子城へ登る者への配慮はとても親切に思えた。城跡の周りはゴルフ場に取り囲まれているが、建設時に真名子城や西方城は保存されるよう配慮がされたようで、今も素晴らしい遺構を目にすることができる。
 遺構はよく残っていると思う。南尾根から登る途中にはいくつかの堀切があり、主郭は木々に遮られて眺望こそ利かないが、丸太の椅子で休むことができた。帰路は西斜面を下ったが、豪快な二重堀切を見ることができた。このあと西方城へと向かったのだが、ゴルフ場を迂回しながらの道のりは果てしなく遠かった。
 
東武日光線「東武金崎」下車 徒歩1時間30分
 
2015/12/01 日本城郭大系/新人物往来社
とちぎの古城を歩く/下野出版社